アール・ブリュット美術館とは?

日本財団は、アール・ブリュット支援事業の一環である鑑賞環境の整備として、町なかに残る古民家や蔵を改修し、全国にアール・ブリュット作品を親しむことができる地域の拠点を増やすため、アール・ブリュット美術館の開館や、そこで活躍する人材の育成を行っています。
アール・ブリュット美術館は、「福祉」と「美術」を繋ぐ場所として、地域との関係を育みながら運営される、アール・ブリュットを主軸に据えたオルタナティブスペースです。
この美術館の整備は、障害者が働き、地域の人が憩い、賑わいを創出する芸術文化の発信拠点として、各地の福祉団体、美術や法律、建築の専門家にご意見をいただきながら要件を設定し、検討が進められました。福祉、美術、建築といった領域と、障害の有無を超え、才能豊かな創造と多様な価値観に出会う地域に親しまれる場を目指しています。